中国フェイクミート市場の現状

フェイクミートは人類の発展やSDGsのトレンドに契合し、巨大な発展ポテンシャルを持っていると思われているが、肉の消費大国としての中国では果てしてどういう発展状況なのか?

“人工肉”としてはフェイクミート(植物性代替肉)とクリーンミート(培養肉)の2種類に分かれるが、国盛証券の発表によると、中国の“人工肉”は植物代替肉がメインという位置付けという事だ。

アメリカのBeyond meat社上場の影響によって、フェイクミートの主材料となる、大豆タンパクが話題となった為、中国の大豆関係の農業企業や大豆加工の産業チェーン企業もフェイクミートの概念株と呼ばれ、数十社の株価が一時騰貴していた。

しかし、企業自らフェイクミートの概念やそれに対する企画を否認したり、デマで排除されたり、未だにフェイクミートと言える企業が多くはない。

伝統的な素食メーカーのトップ企業として、寧波素蓮食品、深セン斉善食品と江蘇鸿昶食品があり、いずれも10年超える素食加工の経験と技術を持つ企業で、フェイクミートに改革できると期待を持たれているが、現時点では資本が入っておらず、製品も主にお寺や素食レストランに供給している現状である。

先日国内フェイクミート業界において最高融資を達成したStarfieldも強力な競争企業だが、フェイクミートのスタートアップとして、珍肉社と大手食品会社の双塔食品が提携して2019年9月に植物肉の月餅やハンバーガーを発売し、その中のエンドウのタンパクとその加工技術は双塔食品が提供したのである。

レガシーな食品企業もフェイクミートの市場に虎視眈々の状態で、泰森や双汇、Nestle中国なども新商品の開発に力を入れているそうだ。特に泰森や双汇という加工肉類の巨頭は、自社に大量、多種の肉類タンパクを持っていて、植物タンパクの不足を補充できるうえに、世界にたくさんの工場とサプライチェーンもあり、運営とマーケティングなどコスト面のメリットは注目すべきものがある。

中国国家統計局のデータによると、中国は毎年5000万トン以上の豚肉消費力があるという。同時に、中国は世界最大のダイズ栽培国で、フェイクミート原材料の第一国としてはかなりの強みがある。

代替タンパク系ベンチャーキャピタルLever VCの管理パートナーNick氏は“中国人は世界の他の国民と比べて、新しい食品に対する態度がよりオープンだ”と語り、アメリカの食品研究機関The Good Food Instituteの責任者Bruce Friedrichも中国市場に対する期待を表した:中国政府がフェイクミート技術に注力すれば、数十億元(約800億円)の資金を導入できる見込みがあるというのだ。

参考URLhttps://baijiahao.baidu.com/s?id=1638210880512723973&wfr=spider&for=pc

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です