微細藻類が大豆を上回り、850億米ドルの植物タンパク市場を占有?

投資業界の中で人工肉の中で、ほとんどの植物代替肉は大豆とエンドウから作られているという注目の話題がある。 スイスの銀行UBSグループは、今後10年間で植物性タンパク質市場が急速に成長すると予測しており、 2030年までに、世界の植物タンパク質市場の規模は現在の46億ドル(約4900億円)から850億ドル(約9兆1000億円)に急増すると予想している。

今の食料源からみると、食用の藻類に8つの必須アミノ酸が含まれており、その組み合わせも人体にとって妥当性が高い。

スピルリナとクロレラという藻類はスーパーフードとして、最も多くのタンパク質が含まれていると言われている。乾燥した場合のタンパク質量が重量の60%以上に達しており、ほぼ濃縮タンパク質粉末視されても良い。それに、藻類にタンパク質を分離する操縦性からの利点でも、陸生植物には匹敵できないということだ。

国連食糧農業機関が、スピルリナに関する研究結果を発表してから、微細藻類は「最高のタンパク質の供給源の一つ」と「人類にとって最も理想的な食物」として認められた。

これまでのところ、スピルリナのような藻類は、青汁などのファッショナブルな健康サプリメントとして分類されており、植物性タンパク質の需要が高まるにつれ、微細藻類が主流な食べものとなることが期待されている。

Sujaの微細藻類シリーズ:フルーツ野菜ジュース

Tritonがサンディエゴで生産している藻類は、米食品医薬品局(FDA)に安全性を認定され、植物代替の乳製品や肉などに応用されている。

2015年に設立されたスタートアップであるNew Wave Foodsは、藻類から作られたプラントベースのエビを開発し、2019年に肉類加工大手のTyson Foodsから投資を受けた。現在は、植物性のロブスター、カニ、マグロ、サーモンなどの開発に集中しているようだ。

New Wave Foodsの植物性海老チャーハン

カナダの新興原料企業であるNoblegenは、藻類からの完全な代替タンパク質を発売する予定だ。 ユーグレナグラシリス(Euglena gracilis)という藻類を利用して、コスパの高いパーム油、β-グルカン、全タンパク質代替物を生産でき、動物性タンパク質と同じ栄養と機能を持っているとのことだ。

環境配慮の面では、微細藻類の生産には化学肥料や農薬が含まれておらず、水資源もリサイクルすることができ、実質的に廃棄物を排出しないのは注目すべきである。

特に光無機栄養―有機栄養の混合培養法を採用すると、植物性タンパク質生産に比べて炭素排出量が大幅に減少、マイナス炭素生産も可能になるということだ。

イスラエルの大学院生の藻類代替肉ボールが、EIT food projectで第1位を獲得した

高タンパク質と豊富な不飽和脂肪酸(DHA、EPA、AAなど)、カロチノイド(β-カロチン、アスタキサンチン、ルテイン、ゼアキサンチンなど)を含む微細藻類は、人工肉の安全性を高めながら、栄養補助できる多能植物代替肉を作ることも可能である。もし大豆たんぱく質より使用率を超えると、将来的に人工肉の主原料になるのは望ましいと考えられる。

参考URL:https://www.sohu.com/a/365105360_323087

https://mp.weixin.qq.com/s?src=11&timestamp=1588129303&ver=2307&signature=81XB3unmok9nlaRuI4FfHVE5kvCajH9XnWWiuk9r9R9cK4ofKbfnFJ8DF0u*n5DVl*iqOXt9qQH36DgNEQRfX2ugIgX9Jj687yepQL9X8Ns0e-LlWbiekOxchFsh9vPr&new=1

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です