KFCとBeyond Meat提携の植物肉をSoCalに、3Dプリント鶏肉をロシアに展開

KFCは7月中旬に、Beyond Meatとのパートナーシップを発表し、プラントベースのチキンサンドイッチを南カリフォルニアの50か所のKFC店舗に提供した。 7月20日から、Beyond Meat Chickenがロサンゼルス、オレンジ郡、サンディエゴの一部のKFCで期間限定で利用できるようになったということだ。

これは、KFCが公開したBeyond Chickenに関する一連のテストの最新版だ。ケンタッキーのチェーン店は昨年ジョージア州アトランタで初めて植物肉の販売をオープンにしており、その後ノースカロライナ州シャーロットとテネシー州ナッシュビルでテストが続き、カナダオンタリオ州ミシサガで1日限定のプロモーションが行われた。アトランタでは、Beyond Chickenの植物ベースのナゲットが大量のカスタマーを引き付けて、試食するために少なくとも1時間かかる長蛇の列に待っていたようだ。

発表においてBeyond MeatとKFCの親会社であるYum Brandsの関係を継続することが判明した。前文で言及した市場テストの他に、今年の6月にYum Chinaは、Beyond Meatのハンバーガーが中国本土の一部のKFC、Pizza Hut、Taco Bellの店舗でも期間限定で販売されると発表している。

KFCがカリフォルニアに展開するタイミングは良いことに間違いない。 過去数年にわたって成長してきた植物代替肉は、新型コロナウイルスが肉の供給に対する制限を強調し、肉パッカーの労働条件に光を当てた際に、販売量がさらに高く急上昇した。

また、プラントベースのチキン以外に、KFCが代替タンパク質ニュースをもう一つリリースした。モスクワで、KFCロシア支社は「3Dバイオプリンティングソリューション研究所と協力して、イノベーション的な3Dプリント鶏肉の開発を始めた」と発表した。つまり、KFCは研究室で作るチキンナゲットの開発を検討しているのだ。同社は今秋に試作品の最終製品を受け取る予定だと述べた。

その後の報道に期待したい。

参考サイト:https://thespoon.tech/kfc-bringing-beyond-meat-plant-based-chicken-to-socal-3d-printed-chicken-to-russia/

新商品ネクスト牛丼1.2  絶賛予約受付中!